アンテナ工事は必要か


賃貸アパートのオーナー様や、マンションに暮らしている人でテレビを受信したいと思った際にアンテナ工事をするか、ケーブルテレビに加入するか迷われたという方もいらっしゃるかと思います。特に2011年に従来のアナログ放送が終了し、完全に地上デジタル放送へ移行する前はどうしようか悩んでいた方も多いでしょう。

ケーブルテレビはアンテナの設置工事が必要無く、地形によって電波が届きにくい地域や高層ビルなどの遮蔽物がある地域でも受信が可能なため、地デジ以降前にケーブルテレビを選んだ方もいるでしょう。しかし、ケーブルテレビの視聴には月額料金がかかるため、長らく継続して視聴する場合に費用の負担が大きくなってしまう問題に頭を悩ませているオーナー様やマンション住民の方もいるかと思います。

このサイトでは集合住宅やマンションで地デジが視聴可能な環境を整える際に、共同受信用アンテナを設置することのメリットや、ケーブルテレビとの比較について紹介しています。共同受信用アンテナとケーブルテレビ、どちらもそれぞれメリット・デメリットがありますが、これから先、新しくアパートを建設する予定のオーナー様や、一度ケーブルテレビに加入したけれども共同受信用アンテナとの違いを知りたいというマンションの住民の方、管理組合様はこちらのサイトで比較検討してみてください。

また、アンテナの設置に業者を依頼する際には、建物の状況によって費用が大きく変わってきます。そのため、よく相談して信頼できる業者を見つけることが重要です。