物件に付加価値も


集合住宅やマンションに共同受信用アンテナを設置することで、月額使用料など無しで地デジを楽しめます。共同受信用アンテナの設置は故障やトラブルがない限りは設置のための初期費用のみなので、コストパフォーマンスに優れているところが利点です。しかし、ケーブルテレビのチャンネル数には及ばない、もっと物件自体に付加価値を付けたいと考えているオーナー様にはBS・CS放送用の受信アンテナも一緒に設置するという方法があります。

今ではBS・CS放送の視聴も広がり、そのニーズも増えてきています。BS・CS用アンテナも一緒に設置することで、入居者が個別にアンテナを取り付ける必要はありません。BS・CSアンテナを設置することで見ることが可能なチャンネル数も増え、他の物件との差別化をはかることもできます。そのため物件の資産価値が上がるだけでなく、実際に導入したことによって入居者が増えたという声もあります。

アパートのオーナー様やマンションの管理組様で合共同受信用アンテナの設置を検討される際には、アンテナを取り付ける際のメリット・デメリットを考慮して業者を探しましょう。費用に関しては電波の状態や築年数、部屋数などで異なるためしっかりと相談することをお勧めします。